Wordで作った添え状(送付状)テンプレート – 無料ダウンロード可 –

添え状(送付状)テンプレート1
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

こんにちは。ひとりで.comです。

添え状(送付状)とは?

添え状(送付状)とは、一般的に書類やカタログ、就活の履歴書や面接の職務経歴書などを郵送で送る際に(FAXで送る際)、同封させる表紙のようなものになります。添え状には特に決まった形式やフォーマットはないですが、一般的にこのような形が良いとされているものがありますので、以下にて、そちらを紹介するとともに、Wordファイルにて無料ダウンロードできるようにテンプレートを用意しておりますので、ご入用の際はダウンロードしてご活用ください。

 

無料ダウンロードはこちらから

 

添え状(送付状)に必要な項目とは?

添え状には特に決まったフォーマットはない…という風に上記にてお伝えしましたが、一般的には以下の様な項目があると良いと思います。今回ご用意しているテンプレートはそれを含んだ形で作成しております。

添え状(送付状)テンプレート2
添え状(送付状)テンプレート2

①宛名:誰宛の添え状なのかを明確にします。通常は宛名の企業名、部署名、役職、名前を記載します。

②日付:送付した日付はいつなのかを記載します。いつ送られてきたものなのか受け取った方に明確化します。

③送り主:誰から送られたものなのかを明確化します。出来る限りこちらの送り主の箇所には、送り主の連絡先を記載するようにします。

④題名:どういった要件なのかを明確化します。

⑤内容:必ず「頭語・結語」と呼ばれる言葉を入れるようにします。一般的には「拝啓」「敬具」を用いることが多いです。利用するシーンにあわせて、頭語・結語を入れましょう。

⑥添付書類:こちら添え状ですので、この添え状と一緒に入っているものは何かを明確化します。書類であれば、何部入っているのか、何枚なのかなども併せて入力しておくと、抜け漏れがないか、受け取った方も確認できます。

⑦結びの言葉:「以上」という言葉を末尾に入れましょう。このまま添え状が終わりなのか、2枚目があるのかを明確にします。

 

添え状はが入っていると、何がどのくらいの分量送られてきたのかが明確化できますし、送られた方としても、「丁寧な人」「礼儀ただしい人」といった印象を与えることができます。それだけでも送った人間の印象を変えることができますので、ぜひ添え状を添えた上で書類を送るようにしましょう。

 

無料ダウンロードはこちらから

 

 

にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村


インターネット・コンピュータ ブログランキングへ