[Word]履歴書テンプレート 無料ダウンロード

履歴書テンプレート1
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

こんにちは。ひとりで.comです。

履歴書はインターネット上ですぐに手に入る時代。

少し前まで、履歴書と言えば、文房具屋などで購入して自筆で記入したものです。しかし。昨今のネットの普及によって、履歴書はインターネットサイト上で簡単に手に入る用になりました。アルバイトの面接や、就職活動、転職活動などで利用する機会が多いですが、急に必要になった時には以下からダウンロードしてご活用ください。

 

履歴書に必要な項目とは?

履歴書には、基本的に法令で定められたフォーマット等は存在しないが、JIS規格というある規格が存在します。

日本では日本工業規格JIS Z 8303「帳票の設計基準」の附属書A)の規格に従った履歴書用紙が市販品として流通している。JISはあくまで「製品仕様の工業規格」であって、個人に使用を義務づける法令は存在しない。

市販品として、上記JIS規格に従った製品が広く流通しているため、上記が一般的な製品として知られている事が多い。

 

Word履歴書テンプレート2
Word履歴書テンプレート2

1.氏名

記述者の正しい氏名を記載します。

2.写真

写真は一般的には、縦36mm  – 40mm / 横 24mm – 30mmの写真を使用します。本人単身で肩より上を表示したものを利用します。また、写真の裏に個人を特定できる名前や番号などを記載しておくと良いでしょう(万が一糊付けなどをしていても取れてしまうことがあるため、その際に、誰の写真なのかがすぐにわかるように、名前等を記載しておくと良いでしょう。

3.性別

戸籍上の性別。○で囲みます。

4.生年月日

特に指定がない場合は、西暦で書きましょう。

5.住所

現在住まいの住所を記載します。都道府県などは省略せずに書きましょう。数字はアラビア数字を使用して書きましょう。

6.TEL / FAX / 携帯電話 / E-mail

すぐに連絡が取れる連絡先を記載しましょう。昨今、実家ぐらしではない方々は固定電話やFAX等を持ち合わせていない場合が多いため、その際は、未記入で問題ないです。

7.連絡先

事情があって、記載した連絡先以外への連絡を希望する場合に記載します。その際に、関係性を追記しておくと良いでしょう。

Word履歴書テンプレート3
Word履歴書テンプレート3

8.学歴・職歴

【学歴】
西暦か元号(平成・昭和など)表記かを統一して書くようにしましょう。また、原則として最終学歴の1つ前の学歴から記入し、大学等の学部・学科・コース名などを記入し、応募職種で生かせる専攻・研究テーマはさらに詳細に記入するようにしましょう。
※学校名は、略さず正式名称で記入し、「高校」ではなく「高等学校」と書くこと。

【職歴】
学歴同様に、西暦か元号(平成・昭和など)表記かを統一して書くようにしましょう。職歴は時系列に記入し、会社名は略さず正式名称で記入します。会社内にて異動などで部署が変わっている場合、その部署名・異動年月を記入しましょう。企業の合併・買収などで社名が変わった場合は、○○株式会社(現△△株式会社)と記載する事。
現職の企業の退職日が決まっている場合は「平成28年 3月 株式会社○○○○ 退職予定」と記入し、最終行に「現在に至る」と記入し、その下の行に右寄せで「以上」と記入。

 

Word履歴書テンプレート4
Word履歴書テンプレート4

9.免許・資格

はじめに自動車免許を書き、それ以外を次に書くようにしましょう。また各種免許・資格は略さずに正確に記載しましょう。

【よく使う免許・資格の書き方一覧】
自動車免許:普通自動車第一種運転免許(AT限定)
英検:実用英語技能検定●級
漢検:日本漢字能力検定
宅建:宅地建物取引主任者
日商簿記:日商簿記検定試験●級、日本商工会議所簿記検定試験●級
FP:●級ファイナンシャル・プランニング技能士

 10.趣味・特技・長所短所・健康状態

これを見る担当者は、「この人は一体どういう事に興味を持っているのか…」という部分を見ています。従って、趣味の書き方ひとつとっても、事実をのべるだけにとどまらず、なるべく、履歴書を読む相手の気持ちにたって、どういう人だったら採用したいと思うか…という視点で書くように心がけてください。

11.志望動機・自己PR

以下のポイントを意識して書かれているか、に気をつけて記載するようにしてください。

【1】過去の経験や経歴を応募先企業で生かせることが採用担当者に伝わる内容になっているか
【2】(応募先企業における求める人物像と照らしあわせて)応募企業が求めている人材を理解して記載されているか
【3】応募企業の強みを把握しており、競合他社ではなく応募企業だからこそ入社したい意欲が感じられる内容になっているか
【4】将来のキャリアビジョンが明確に伝わり、応募企業で達成できる内容になっているか

 12.本人希望記入欄

待遇面などについては原則、「貴社規定でお願いいたします」と記入するようにしましょう。また、複数職種を募集している企業の場合、希望職種を書いておくようにしましょう。

履歴書のまとめ

履歴書は、あなたという人物を映し出す重要な書類です。実際に会って話すことができれば、履歴書がなくてもあなたという人物を伝えることができるかもしれないですが、実際は時間の都合上難しい事が多いです。実際に会うに値する人物かどうか…を判断するために、履歴書や職務経歴書といったものを活用して採用担当者は会う人物を絞り込みます。そこにたどり着くために、基本となる部分についてはしっかり理解し、先方に不快感を与えないようにするとともに、実際に会ってみたい…と思わせられる書き方をすることが重要になってきます。
最後に…以下にて無料でダウンロード可能な履歴書のフォーマットを置きますので、ぜひ、こちらを使って履歴書を書いてみてください。

 
 

 

 

にほんブログ村 ネットブログへ
にほんブログ村


インターネット・コンピュータ ブログランキングへ