スプレッドシート:正しいURLかどうかを調べるISURL関数について

url
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

こんにちは。ひとりで.comです。

今日はExcel(エクセル)にはない、Googleスプレッドシート独自の関数について紹介したいと思います。

 

そのURLは正しいURLか? を調べるISURL関数について

 

【目次】
1.ISURL関数について
2.ISURL関数の使い方実例
3.ISURL関数でTRUE / FALSEと判別されるポイントについて

 

 

 

1.ISURL関数について

ISURL関数とはどういった関数なのでしょうか?

 

ISURL関数では、値が有効な URL であるかどうかを検証します。

使用例

ISURL("http://www.google.com")

ISURL("www.google.com")

ISURL("google.com")

構文

ISURL(値)

  • – URL であるかを検証する値を指定します。

 

=ISURL(“URL”)

 

と入力することによって、そのURLが有効なURLかどうかを判別してくれます。結果については、TRUE / FALSEにて返ってきます。

 

 

 

2.ISURL関数の使い方実例

 

ISURLの使い方について、実例を交えて見ていくことにしましょう。
以下のようにURLを様々なパターンで並べてみました。

Googleスプレッドシート ISURL関数1
Googleスプレッドシート ISURL関数1

以下の5つのURLを見た時、URLとしてTRUEが返されるものとFALSEが返されるものと2通り存在します。

 

http://www.hito-ride.com

www.hito-ride.com

hito-ride.com

https://hito-ride.com

htttp://hito-ride.com

 

 

どのURLがTRUEでどのURLがFALSEになるでしょうか?実際にISURL関数をセルに入れて当てはめてみましょう。

Googleスプレッドシート ISURL関数2
Googleスプレッドシート ISURL関数2

 

結果、このようになりました。一番下のURLのみFALSEとなり、それ以外はTRUEが値として返ってきています。

 

スポンサードリンク

3.ISURL関数でTRUE / FALSEと判別されるポイントについて

結果から、ISURL関数はどういった判定結果で結果を返すのでしょうか?

関数の説明では、「値が有効な URL であるかどうかを検証」と記載されておりますが、ここで考えられる「値が有効」という意味は以下の2つが考えられます。

 

(1)その当該URLがサイトとして有効かどうか

そのURLにアクセスした際に、Webサイトとしてコンテンツが表示されるかどうか、という意味です。

 

 

(2)URLの文字列の並び方として有効なURLかどうか(正しいURLか)

こちらは、URLの文字列として正しいかどうかの判定です。例えば、httpがhtttpになっていたり「:」が「;」になっていたり、そもそもWebサイトのURLとして正しくない並びになっている、ということを指しています。

 

 

ISURL関数では上記の(1)と(2)どちらに対応しているのでしょうか?

答えは(2)のURLの文字列の並び方として有効なURLかどうか(正しいURLか)

そのサイト自体が有効かどうかは特に見ずに判定しております。ですので、サイトとして生きているかどうかは見ておりませんので、その点だけ注意が必要です。